結果は結果 自分は自分「決めた事がいつも出来ない自分」は居なかった!

見捨てられ不安を手放していこう

管理人ショーロアバター こんにちは、ショーロです。

「自分で決めた事がいつも出来ない!」という長年の悩みを解消すべく

・なぜ私はいつも出来ないのか?
・その原因や理由は?
・決めた事をやるにはどうすればいいのか?

ということを、シリーズ記事としてまとめています。

シリーズ記事一覧はコチラです↓
自分で決めた事が出来ない!落ち込む理由と這い上がる方法 記事一覧

※順番に読んで頂くと「グルグル混乱した考えが段々整理されていく様子」が見えると思います。少々長いですが^^; お時間がありましたら最初の記事からどうぞ。

スポンサーリンク

ありのままを受け入れる事で「切り離して考えられるようになった事」

私は、何年・・・いや!何十年もの長い間・・・

「自分は決めた事がいつも出来ない!」
「そんな自分はダメな人間だ!」

と思い続けてきました。

そして、頑張って努力して、いつかきっと・・・

「決めた事をやれる自分になりたい!」
「ダメな自分を変えたい!」

とも思い続けてきました。

が!!

今回改めて自分と向き合って、このシリーズ記事をまとめている間に

「決めた事をやれない自分」とか

「決めた事をやれる自分」とか

「ダメな自分」とか

「ダメじゃない自分」なんて物は・・・

【実はそもそも存在しないのでは?】と思うようになりました。

その時に「自分が出した結果」は

あくまでも「ただの結果」なのに

その「結果」と「自分」を合体させて

「出来ない自分」とか「出来る自分」とか考える事自体が

そもそもナンセンスなのではないかしら?

「ダメな自分」じゃなくて

その時の「結果がダメ」だっただけ。

「ダメじゃない自分」じゃなくて

その時の「結果がOK」だっただけ。

「結果」は「結果」

「自分」は「自分」

「結果=自分」と結びつけて考える事が

そもそもナンセンスなのではないかしら?

と。

で、更に。

「結果」と「自分」を自動的に結びつけてしまう事によって

「その結果が出た本当の原因」と向き合うことをせずに

「自分がダメだから出来なかった」としか考えられず

「だからもっと頑張ろう!」という

【解決にならない解決策】しか見出せない状態、に陥っていたのではないか?

と。

こんな風に思うようになりました。

スポンサーリンク

出来ても出来なくても「自分」は「自分」

「結果」と「自分」を勝手に結び付けてしまうのは

・結果が良ければ受け入れてもらえて
・結果が悪いと存在を否定される

という幼少期の環境で私に組み込まれたシステム。

このシステムによって生成されたのが「見捨てられ不安」

このシステムに従って物を考えると「結果=自分(の存在価値)」となってしまう。

うまくいってもいかなくても、結果に自分の存在価値が左右される不安は付きまとう。

でも、実は!

結果がどうあれ「自分は自分」そこは揺るがない。

その安心感を感じる事ができれば

「自分で決めたやりたいと思う事が出来るようには?」と

シンプルに物を考えられるのではないか?と。

前回の記事で書いた

考え過ぎてやりたい事が出来なくならないように

「今の自分に出来る具体的なことは何だろう?と考える事」

も、自然に出来るのではないか?と。

こんな風に思うようになりました。

今の私には不要な「見捨てられ不安」を少しずつ手放していこう

今の私は「見捨てられ不安」を抱くような環境にはいません。

ですが「見捨てられ不安」を感じ続けています。

染み付いた「見捨てられ不安」を手放す事の難しさを感じています。

強制的に手放さなきゃ!と考えた事はありましたが、以前→見捨てられ不安を撲滅しようとして失敗しているので・・・

今回は無理をせず「お、出たな?見捨てられ不安www」という感じで、「見捨てられ不安の存在」や「見捨てられ不安を感じている自分」を受け入れてから「もう見捨てられないから安心して大丈夫なんだよ」と、自分に言い聞かせ続けようと思います。

本当はポイッ!と捨てたいんですけど・・・まぁ長年一緒に過ごしてきたヤツなので、仕方ないですよね^^;

少しずつ疎遠になりたいと思ってます(笑)

次の話はこちらです

記事一覧はこちらです

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る