自分が決めた事が出来ない理由は?着地点の「自分はダメだから」って何?

自分はダメだと思っていませんか?

管理人ショーロアバター こんにちは、ショーロです。

「自分で決めた事が出来ない!」

そんな自分とガッツリ向き合って

取り組んできたことの流れを

また落ち込みそうになった時に読み返して

「あぁそうだ、そうだった♪」と思い出して

どハマリする前に立ち直れるように!

と、記録をしているシリーズ記事の第4弾です。

これまでの記事はコチラです↓
自分で決めた事が出来ない!落ち込む理由と這い上がる方法 記事一覧

※順番に読んで頂くと「グルグル混乱した考えが段々整理されていく様子」が見えると思います。少々長いですが^^; お時間がありましたら最初の記事からどうぞ。

スポンサーリンク

今回の記事について 事前の注意とお断りです^^;

今回の記事では、前の記事に出てきた

「どうせ自分は出来ないんだ」という

心の底にベッタリ張り付いた思いを

紐解いていきますが・・

ちょっと注意というか、先にお断りしておきます。

今回の記事、読んでいてイラッとするかもしれません^^;

書いておきながら言うのもアレですが・・・

ワタシは途中で「なんやねん!自分!」と

ちょっとイライラしました(笑)

「どうせ自分には出来ない」という気持ちの説明。

何と言うか・・・ネガティブなドンヨリとした話なので

辛気臭くてイヤだなぁと思いまして。

「爽やかな言い回し」

「明るくポップな表現」は無いだろうか?と

試行錯誤したんですが・・・

・・・微妙です(笑)

「自分はダメだ」だの「出来ない」だの

やたらと連呼した挙句

「そこに着地したら解決策が無いやんけ!」

という、どうしようもない話も出てきますが・・・

このシリーズ記事は

mini-sho-lo-warai明るく楽しく気持ちよく!日々を過ごせるように♪

という方向にグイッ♪と向かっております。

今回「ちょっとイラっとする記事」

となるかもですが・・・

どうかどうかご容赦ください^^;

では、参ります。

私が「自分で決めた事が出来ない」と思うその理由が「理由になっていない」という事実

心の底のほうにベッタリと張り付いた

「どうせ自分は出来ない」という思い。

コレがどんなモノなのか?を説明します。

なにか特別な難しい事にチャレンジしようとして

「自分(には難しいから)出来ないよー!」

と感じるのとは違うんです。

例えば・・・

普段何の運動もせずゴロゴロしているのに

いきなり「今日フルマラソン走ってね♪」とか言われたら

「いや!それ(突然のフルマラソン)自分には出来ない!無理です!」

と思いますよね?(笑)

その場合の「自分には出来ない」というのは・・・

・やることの難易度が高すぎるから自分に出来ないと思う

・何の準備もしていないし技量が足りないから出来ないと思う

というような・・・

「その事柄に対して」出来ない(と思う)理由が存在します。

でも。

私の心の底にベッタリ張り付いた

「自分は出来ない」という思いは

「その事柄に対しての理由」が存在する物ではないんです。

ただただ・・・

「私は頑張っても出来ない人間だ」というそれだけ。

「自分はダメな人間だから出来ない」というそれだけ。

「やる事」の難易度や大小にかかわらず・・・

物事の大前提として「自分は出来ない」

という事が決まっているような感じです。

mini-sho-lo-arereむぅ。。。

なんじゃそりゃ。。。

「自分はダメ人間だから出来ない」に着地しちゃうと

もう解決のしようがなくなりますよね^^;

私が私である限り一生出来ない。

この理屈は、私でも流石に解ります。

なのになぜ「自分がダメだから」という

着地点しか見つけられなくなってしまうのか?

そこに至るまでに、自分が何を考えているのか?

ここを紐解いてみました。

スポンサーリンク


「自分がダメだから出来ないんだ」に着地するまでの思考パターンを紐解いてみた

さすがに・・・

Q:「何で出来ないのかな?」

A:「あ。自分がダメだからだ!(即答)」

↑こんな風に短絡的に考えてはいません(笑)

ではどう考えているか?というと・・・

Q:「何で出来ないのかな?」

A:「理由を見つけて排除していこう!」

出来るようにする為に、その妨げとなっている

障害物を見つけて排除しようとします。

ここまでの考え方は・・・

まだ大丈夫そうですね(笑)

※この段階で・・・他の考え方もあるのでは?とも思いますけど(笑)
話が散らかるので、それはまた別の機会に。

では次にどう思うのか?

Q:「出来ない理由は何だろう?」

A:「自分の努力が足りない・頑張りが足りない・意思が弱い」

ビックリショーロ え?急にそこ行く?(笑)

おぉ。怪しい気配がして来ました^^;

そして、こう続きます。

・努力しなくちゃ!
・頑張らなくちゃ!
・意思を強く持たなくちゃ!
・一生懸命やらなくちゃ!

更に・・・

・もっと頑張らなきゃ
・もっともっと頑張らなきゃ
・頑張りが足りないから出来ないんだ

挙句・・・

・寝ないで頑張る
・食べないで頑張る
・心も体も疲弊
・心も体も不調

それでも・・・

・気合で何とか
・ちゃんとやらなきゃ
・しっかりやらなきゃ
・ガッツだぜぇぇぇ!!!

心身ともに自分を追い込み

責め立てつつ頑張り続けます!

ですが・・・

もうこの時点では、全然頑張れないんです。

ハイ。

間もなく着陸いたします。

「もうダメだ」
「また出来ない」
「頑張ってるのに」
「やっぱり出来ない」

「どうして私はいつも出来ないんだろう」

ビックリショーロハッ!!!

「私ってダメ人間なんだ」

クタクタになった挙句

そこしか着地点が見えなくなってしまい・・・

ショーロ泣き顔 そんな自分が嫌い・・・。

↑ここまでが、セットになります。

ホント馬鹿馬鹿しい。

と、コレ書きながら自分で思ってます(笑)

このパターンを本気で繰り返し過ぎて

「私はいつも出来ない」=「私はダメ人間」

という思いをドンドン強化していました^^;

心の底の辺りにベッタリ貼り付けていたのは

他ならぬ、自分だったんですねー。。。

なるほど。

って・・・

いや。ちょっと待って。

この流れはわかった。

馬鹿馬鹿しいとは思うけど、

まぁそれはさておき

そもそも、の話として・・・

無理な目標設定をする事自体に

問題がありませんかね?(笑)

何かをやりだした時に

「あぁ、出来ない!」と感じるような設定を

しているのがそもそもの原因なのでは?

そんなにモーレツに頑張らなくても

ボチボチやれる範囲の目標を立てればいいのでは?

何で私はそんなに無茶な目標を

立ててしまうのでしょうか?

次回は、無理な目標を立ててしまう理由

についての話です。

続きはコチラ

記事一覧はこちらです


ドンヨリ記事でしたが・・・

読んで頂きありがとうございます。

と言うか、お疲れ様でした^^;

・・・イラッとしてませんか?

大丈夫でしょうか?

なんか、あの・・・

笑える動画とか見て

気分転換してくださいね^^;

ということで、私が大好きな楽しい動画をペタリしてみます(笑)

笑い声がたまらなく好き♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る