ドラえもんが駅に居るのは小田急線の登戸駅!夢のどこでもドアが現実に!

小田急線登戸駅のドラえもん

管理人ショーロアバターこんにちは、ショーロです♪

先日知人と小田急線の登戸(のぼりと)駅で待ち合わせをしたのですが、駅のあらゆるところが「ドラえもん仕様」になっていました!可愛い♪

誰もが手にする事を一度は夢見るw「どこでもドア」が現実の物になっていたり、撮影ポイントも沢山あったりして楽しめました♪

ほんの一部ですが、ドラえもん装飾になった登戸駅の写真を撮ってきたので紹介しますね♪

スポンサーリンク

ドラえもんが駅に居るのは小田急線登戸駅 JR南武線ではないので注意

小田急線登戸駅のドラえもん行き先案内

駅がドラえもんだらけになっているのは「小田急線 登戸(のぼりと)駅」 写真にもあるように小田原や片瀬江ノ島と新宿の間を走る私鉄です。

行き先案内の表示に、さりげなく着いているドラえもんの鈴が可愛い!

拡大した写真がコチラ↓

小田急線登戸駅看板ドラえもん

JR南武線にも同じ名前の「登戸駅」があるのですが、南武線の登戸駅はドラえもん仕様にはなっていないのでご注意くださいね。

と言っても、南武線から小田急線はすぐに乗り換えられるので、もし間違えて南武線の登戸駅に行ってしまっても大丈夫です♪

小田急線登戸駅ホーム待合室のベンチもドラえもん♪

小田急線登戸駅ホームのドラえもん

登戸駅は、東京都と神奈川県の境を流れる多摩川のすぐ近く、神奈川県川崎市にある駅なのですが冬は結構寒い! 以前は無かった待合室がホームに出来ていました。コレは助かる! で、待合室のベンチにもドラえもん(笑)

ちなみに私が行ったとき、待合室には6名ほどの人が居ましたが・・・ドラえもんベンチだけが空いていました。座るのはなんとなく恥ずかしいのでしょうか?(笑)

小田急線登戸駅のトイレの案内もドラえもん♪

小田急線登戸駅男子トイレ案内ドラえもん

男子トイレの案内はドラえもんで・・・

小田急線登戸駅女子トイレ案内ドラえもん

女子トイレの入り口はドラミちゃん♪

誰もが一度は夢見るどこでもドアが現実の物に!

小田急線登戸駅どこでもドア

おぉぉ~!憧れのどこでもドア!誰もが一度は「どこでもドアがあったらいいのになぁ~」というセリフを口にした事があるのでは?(笑)

↑この写真のどこでもドアは、改札がある地上階にあるのですが、なんとこのドア・・・

目の前まで行くとオープン! ドアの外に広がるのは・・・

小田急線登戸駅どこでもドアが開く

・・・映像なんですけどね^^;

わかっていながらもワクワクしちゃいました(笑)

小田急線登戸駅は地上に改札があり、ホームは階段を上がった場所にあります。

改札階とホーム階を移動するエレベーターの入り口にもどこでもドアの絵が描いてあり、夢にまで見た「どこでもドア」の扉をくぐる事ができます!(笑)

残念ながら写真を撮りそびれてしまった^^;すみません。。。

スモールライトを持った等身大ドラえもんフィギアも♪

小田急線登戸駅ドラえもんスモールライト

改札のある地上階には、スモールライトをもった等身大ドラえもんがいます♪

個人的に・・・

何でこの口の形なんだろう?と思いましたけど(笑)

小田急線登戸駅ドラえもんに会える

いや、可愛いんですよ!可愛いんですけどね!

個人的には他の表情でもよかったのでは?と^^;

足元には、スモールライトの説明書き♪

小田急線登戸駅ドラえもん秘密道具

重い荷物を持って歩くとき「スモールライトがあればいいのに!」とつぶやいた覚えはありませんか?(笑)

小田急線登戸駅ドラえもん秘密道具説明

等身大ドラえもんフィギア、ってコトは・・・秘密道具も等身大ですよね?

そう考えると、スモールライトって意外とデカい!!!www

小田急線登戸駅にはまだまだドラえもんがいっぱい♪

たまたま待ち合わせをした登戸駅がドラえもんだらけだった!という状況で^^; 時間もなかったので、写真がちゃんと取れなくて残念だったんですが・・・

この他にも・・・

・ホームの駅名表示
・券売機
・コインロッカー
・ゴミ箱
・中央改札前の大型デジタルサイネージ
・階段(エスカレーター)の壁面 などなど

に、沢山のドラえもんが居ました!

もちろん、のび太くん・しずかちゃん・ジャイアン・スネ夫たちも描かれていました♪

スポンサーリンク


なぜ小田急線登戸駅にドラえもん?

「なんで登戸駅にドラえもんなの?どうして?」と思った方もいらっしゃるかもしれないですね。

実は登戸駅は、神奈川県川崎市にある「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の最寄り駅のひとつ。

元々は「向ヶ丘遊園(むこうがおかゆうえん)」という遊園地だった場所の一部が、現在「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」となっており、登戸駅の隣の「向ヶ丘遊園駅」と「登戸駅」が最寄り駅、なのでドラえもんだらけの駅になったという訳です♪

ちなみに・・・「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に歩いていく場合は、1つ隣の向ヶ丘遊園駅(南口)やJR南武線の宿河原(しゅくがわら)駅からの方が近いんです。

でも、登戸駅からは「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」まで直行便のバスが出ているので、施設の公式サイトでも交通の案内として登戸駅を最寄り駅として一番に記載してあります。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム公式サイトはコチラから

ドラえもんだらけの小田急線登戸駅は周辺も大きく様変わりしています

駅前はかなりの規模の再開発がされていて、この数年で全く違う景色に生まれ変わりました。以前の登戸駅をご存知の方は「ココどこ!?」と感じると思います(笑)

※2019年3月現在まだ再開発工事の途中です

駅構内のドラえもんはもちろん、「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」や、春と秋の年2回開園する「生田緑地バラ園」なども含め、ワクワク楽しめる小田急線登戸(のぼりと)駅の紹介でした♪

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る