水着の選び方サイズは?試着は必要?通販で買う際の注意点とは?

海やプールに遊びに行くことが決まったけど・・・実は水着が無い^^;

買おうと思ったけど、サイズの選び方が分からない(><)。。。

洋服と一緒でいいのかな?

お店で買う時は試着するもの?

通販で買う時に気をつけたほうがいい事は?

そんな「水着を買う時のモヤモヤ」をスッキリさせちゃいましょう♪

スポンサーリンク

水着の選び方サイズはどこで確認するの?

洋服なら少しぐらいサイズが違っても着方でごまかせるけど
素肌に直接着る水着はそうもいかないですよね^^;

体型が気になるし・・・と、洋服感覚でちょっと大きめの物を買ってしまうと
いざ水に入った時に生地が濡れてゆるみが出てしまい、水着が気になって楽しめなかったり
恥ずかしい思いをしてしまうことになりかねません!

【水着を選ぶ際の原則】

水着は水分を含むと少し余裕が出る感じになりますので、乾いた状態で着た時に
ジャストサイズもしくは少しきついと感じる位のサイズを選ぶようにしましょう!

選ぶ時に確認するのは「身長・バスト・ヒップ」のサイズです。

基本的に、上の三点を基準としてサイズを選んでいくのですが・・・

上下分かれないワンピース型のタイプ
身長に対して細い方(ふくよかな方)だと身長にあわせるとブカブカ(キツキツ)に
バストやヒップにあわせてもキツキツ(ブカブカ)になってしまうことがあります。

また、私がそうなのですが・・・

上半身は質素に出来ており ^^;
お腹から下半身にかけては壮大さを感じさせる体型の場合も ^^;
ワンピースタイプだと、いまひとつ身体にしっくる来る物が選べなかったりします。

先ほどもお伝えしたように、水着はジャストサイズを選ぶことが大事
体型に合った水着のタイプ(デザイン)をチョイスするようにしましょう!

上下が分かれたタイプは、体型(主にお腹ですかね。笑)に自信が無く
恥ずかしいから抵抗がある!と感じるかもしれませんが
サイズの合わない水着の方がよっぽど変に見えてしまいます!

同じデザインで、上下それぞれサイズを選べるものも沢山あるので
セパレートタイプをチョイスすることをおすすめします♪

肌の露出が少ないタンキニタイプなら、ワンピースタイプ以上に身体も隠せます。
「Tシャツに短パン」みたいなイメージの物から
「ガーリー・フェミニン」なイメージの物
タンキニだけど「クール・大人っぽい」イメージの物まで、幅広く選べますよ。

水着はきちんと体のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう♪

スポンサーリンク


水着の試着は必要?

普段からネットで洋服を購入されている方も多いでしょうし
忙しくてお店に行く時間がないとか、ネットや雑誌で見つけた水着が欲しい場合など
現物を直接見ないまま、購入を検討されている方も少なくないともいます。

すでに同じメーカーの水着を持っていてサイズ感が分かっている場合以外の・・・

着た事がないメーカーの水着を買う場合や、初めて水着を買う場合は特に!
実際お店で試着をしてから買うことをオススメします!

どんなに画面や紙面上でサイズを確認しても、生地の伸縮の具合や縫製の良し悪し
着用してみてどんな感じか?というのは実際着てみないとわからない物です。

また、写真で見るのと色合いや質感のイメージが違ったり
調整する部分の紐やベルトの長さが思っていたのと違ったりすることも考えられます。

せっかく買ったのに、届いてみたら思ったのと違った!
海やプールの予定がすぐなのにどうしよう!(>_<)。。。

とならない為に・・・

初めて買うメーカーの水着はもちろん、水着自体を初めて買う場合は
なるべくお店で試着をするようにしましょう!

試着をする際の注意点

まだ買うかどうかも分からない水着を、お店で試着する時に
実際水着を着るときのように「素肌の上に直接」着ることは出来ません。
当たり前ですね^^;

お店によっては上半身は直接でも大丈夫、と言うところもあるようですが
下は必ず衣類(肌着)の上からの試着になります!

水着を買いに行くときは、水着用のインナー(サポーター)を持っていくか
飾りの無いピタッとした肌着を持参していくようにしましょう!

mini-sho-lo夏の肌着 ココもチェック!

【浴衣を着るときのインナーはどうする?】
★女性編:浴衣美人が選ぶインナー♪ これで出先で困らない!
★男性編:着崩れはかっこ悪い! 粋な男の浴衣の肌着選び♪

水着を通販で買う際の注意点

最後に、通販で水着を購入する時に「事前に確認しておいた方がいい事」を紹介します。

返品・交換がどのように出来るか?その際の条件を「事前に」確認しておくこと!

先ほど「初めて水着を買う場合」や「初めて購入するメーカーの商品」については
極力試着をして現品を確認することをオススメしました。

が、そうは言っても、忙しかったり、近くにお店が無かったり
欲しい水着が通販のみの取り扱いだったり、シーズンが外れていたりなど・・・
様々な理由で現物を見ずに購入する場合があると思います。

届いた商品が思っていたのと違った場合ですが・・・
「ちょっと思っていたのと色が違った^^;」など
【着用自体には問題がない場合】は「まぁ仕方ない」と諦めも付くかと思います。

ですが!

「サイズが全く合わない」とか「デザインが身体に合わなくて痛い」など
【全く着られない場合】は、返品なり交換なりしたいですよね。

お店によっては「イメージと違った」という理由でも
返品や交換を受け付けてくれるところもあるようです。

そういった「この理由と手順なら返品交換可能」と言う内容が決まっているのに
条件などを事前に確認していなかった為に、受け付けてもらえない可能性もあります。

ちなみに、よくあるのは・・・

・袋を破ってしまった
・タグをすぐに取ってしまった
・直接素肌の上に着用してしまった
・返品交換が可能な期限を過ぎてしまった
・返品交換の決まった手順を踏まずに返送してしまった

という辺りかと思いますが、これ以外にも条件などが定められている場合があります。

ネットショッピングなどの通販は、今は日常的に多くの人が
当たり前のように利用しています。
が、やはり「現物を見ずに買う」ということは
「思ったのと違った」というリスクがあることを忘れないようにしましょう。

水着に限らずですが・・・通販で物を購入する際には
何らかの事情で返品や交換を希望した際に
【条件を確認していなかったので出来なかった】とならぬ様
しっかり事前に確認をしてから購入するようにしましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

あなたに似合う「素敵な水着」が見つかって

この夏を楽しく過ごせるよう願っています♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る