女性の浴衣肌着はどうする?汗対策とパンツのラインにも注意!

花火大会・夏祭り・盆踊りなど浴衣の季節がやってきますね♪

日常的に着る機会が少ないだけに、いざ着ようとすると「浴衣の下に何を着ればいいの?」と

ギモンや心配が産まれることも!

着崩れや汗問題、肌着のラインがクッキリ!となってしまって

楽しい時間が台無しにならぬよう、また後から写真を見て「みっともない!^^;」と

ガッカリすることの無いように、肌着についてのお話を紹介します♪

男性の浴衣の着こなしについてはこちら↓

男性の浴衣財布はどこに入れる?肌着は必要?かっこいい着こなしは?

スポンサーリンク

女性の浴衣肌着はどうする?

夏の予定に向けて、浴衣や帯・小物などを揃えてワクワクしている方も多いのでは♪

浴衣の下に何を着るのか?については・・・

・肌着は着ないほうがいい、とか

・普段の物でいい、など色々と情報はありますが

やはり専用の「和装用の肌着」をつけたほうが、見た目的にも機能的にもいいですよ♪

家で試着した時には気づかないものですが、実際浴衣を着て外出すると汗もかきますし

長時間歩き回っている間に、肌がこすれたりすることもあります。

また、太陽の光やライトに照らされて足のラインがクッキリ出てしまい

後から写真を見てガッカリ!せっかくの楽しい時間が恥ずかしい思い出に!なんていう事を

防ぐためにも「和装用肌着」をオススメします。

普通の下着じゃダメなの?と思うかもしれませんが

普段つけている「洋装用の肌着」は、着崩れの原因になることもあります。

また、和装は洋装とは違って胸のラインを押さえたほうがきれいなシルエットになるので

ボリュームが出るように作られている洋装用の下着だと

せっかくの浴衣のシルエットが崩れてみっともなく見えてしまいます。

洋装用の肌着は避けたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

浴衣の汗対策にはコレ!

先ほどもお伝えしたように、和装の時は胸のラインを極力抑えた方が

きれいなシルエットになります。

洋装の時は魅力的に見えるメリハリのあるシルエットですが、和装で帯の上に

胸がドン!と乗ってしまうときれいに見えないものです。

さらしを巻いて胸を平らに抑える、ということまでしなくてもよいかとは思いますが

和装の時は「寄せて上げて」は封印しておきましょう。

また、浴衣の素材や色によっては、汗をかいたところが目立ってしまうこともあります。

自分からは見えなくて気づかないものですし、事前に汗対策もしっかりしておきましょう。

制汗用のスプレーなども忘れずに。

そして、そんな汗対策も含めて、浴衣を着る時は「和装インナー」がオススメです。

丈の長さ・襟が付いた物・襟ぐりが深く開いた物など色々な種類がありますが

ブラや脇のパットが付いた一枚で着られるタイプの物だと楽に使えますよ。

いざ、浴衣のシーズンになってから用意しようと思ったら、丁度いいサイズや色が売り切れになることも珍しくないので、早目に準備しておくことをオススメします。

パンツのラインが出ない様にしよう

浴衣の女性は「後姿」も魅力的ですよね。

せっかくの素敵な浴衣姿なのに、パンツのラインがクッキリ見えていたら残念です!

こちらも専用の「和装ショーツ」なるものがあるのですが

ショーツのラインに関しては、洋装の普段から気にされて居る方も多いと思います。

なので、かならずしも和装用を用意しなくても大丈夫。

ただし、選ぶ際のポイントが2つあります。

1:股上の浅いヒップハングタイプを選びましょう

浴衣は帯の下が腰骨の辺りになるように結びます。

この時に、股上の深めの下着を身に着けているとお手洗いで用を足す時に

ショーツを下ろすのが大変になってしまいます。

着崩れの原因にもなるので、浴衣の時は股上の浅いショーツを選びましょう。

2:中途半端に生地の面積が少ない物はやめましょう

浴衣を着て歩き回っている間に、ショーツが食い込んでしまうと

おしりにショーツのラインが出てしまう原因になります。

脇の幅がある程度あるヒップハングタイプか

Tバックタイプがシルエットに影響しないのでオススメです。

ただしTバックは履き慣れていないと、ちょっと気持ち悪く感じることもあるので

気をつけてくださいね(笑)

先ほどお伝えしたように、和装用のショーツやステテコなどもあるので

和装ブラとセットで用意しておくのもアリですね。

女性の浴衣の肌着について まとめ

★汗対策・透け対策のためにも、浴衣の時も肌着は着用しましょう

★和装の時は体の凹凸を隠す方が、着姿(シルエット)がきれいに見えます

★洋装用の肌着(ブラ)ではなく、和装用肌着を用意しましょう

★半襟の付いたスリップタイプや和装用ブラ+ステテコなど種類は様々です

★シーズンになって売り切れてしまう前に用意しておくのがオススメです

★ショーツは洋装用のものでもOKですが、形には注意が必要です

★股上の深い物は、トイレで困ることもあるのでヒップハングタイプを

★歩いている間に食い込んで、ショーツのラインが出ないようにデザインを選びましょう

浴衣をキレイに着こなして、楽しい夏を過ごしてくださいね♪

コチラもよろしければどうぞ♪

浴衣の女性歩き方 髪型やメイクと注意しておくべき7つのポイント

男性の浴衣財布はどこに入れる?肌着は必要?かっこいい着こなしは?

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る