半袖ワイシャツはビジネスマナー的にあり?スーツの上着を着る場合の注意

short-sleeve-shirt

夏の暑さの中、スーツを着ての仕事は大変ですよね。半袖のワイシャツは長袖より涼しい気はするけれど、ビジネスマナー的にはどうなのでしょう。

きちんと長袖のシャツでスーツを着ていた方が、取引先に信用して頂ける?
いやいや、クールビズの時期に長袖のワイシャツを着ているのは逆におかしい?

色々と気になる半袖ワイシャツについての考え方をみていきましょう。

スポンサーリンク

半袖ワイシャツはビジネスマナーNG?

そもそもスーツは相手に敬意を表するために着用するもの。

ワイシャツは元々は下着の代わりであり、人前でジャケットを脱ぐ事はありませんでした。

現在でも・・・

・商談
・来客の対応
・上司への面会
・取引先への訪問

などのシーンでは基本的にはジャケットを着るのがマナーとなっています。

ビジネスマナー的にはスーツを着る場合、長袖のワイシャツを着るのが正式なスタイルです。

半袖ワイシャツはあり?なし?

とは言え、そういったマナーが生まれたのは欧米での事。
欧米の気候とは違い湿度の高い日本では、少々過酷なマナーにも感じられます。

先程お伝えしたように、人に会う場合はジャケットの着用がマナーとされてはいますが、昔から社内での作業などの際には上着は脱ぐことも多く半袖のワイシャツも用いられてきました。

「半袖のワイシャツはオジサンぽい」と、若い人には敬遠されることが多い半袖のワイシャツですが、現在はデザインも豊富で昔とはイメージが変わってきたと思います。
また2005年に始まった「クールビズ」でも、半そでシャツはマナー的にOKとされています。

なので・・・半そでシャツがありか?なしか?の答えとしては「あり」になりますね。

とは言え、外資系の会社などでは欧米のマナーが重視され、社内でもジャケット着用(もちろんワイシャツは長袖)が常識になっている場合もあるようです。

実際には、働いている会社や取引先のルールやマナー
また仕事の内容によって使い分けるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

半袖ワイシャツでスーツの上着はどうする?

さて、ここからは「半袖ワイシャツでのジャケット着用について」お話していきます。

「夏の間は社内でも取引先と会う場合でもノータイ・ノージャケットでもOK!」とハッキリ分かっている場合はいいのですが、来客・商談・プレゼンなど「場合によっては上着が必要」というお仕事内容の方もいらっしゃると思います。

やはり、ジャケットを着る場合は上着の袖口からシャツの袖が見えていないと印象としてあまり良いとは言えないもの。

また、着心地の面からもジャケットを着る時に袖がめくれ上がってしまうとか、ジャケットの裏地が直接肌に張り付いて気持ち悪いという事があります。

さらに長袖のワイシャツであれば、汗や皮脂などはジャケットには直接つきませんが、半袖の場合は肌が直接上着に触れるので汗や皮脂が付着し、シミや臭いの原因になることも考えられます。

こういったことから考えても、スーツの上着を着用する場合にはワイシャツは長袖を選ぶことをオススメします。

半袖ワイシャツのビジネスマナー まとめ

・ビジネスマナー的には長袖ワイシャツが基本

・クールビズ的には半袖OK

・上着を着る機会がある場合は印象的にも衛生面でも長袖がオススメ

・会社や取引先の決まりごとマナーなどが分からない場合はとりあえず長袖

やはりビジネスシーンに置いては長袖シャツが基本のスタイルです。

「暑いのに長袖かぁ・・・」と思われたかもしれませんね(笑)

ですが、実際外回りで炎天下を歩く機会の多いビジネスマンに聞いてみたところ「半袖より長袖の方が直射日光に当たらないから涼しく感じる」と言っていました。その時教えてくれたのですが「半袖ワイシャツを着ていた事もあったけど、中途半端なところで腕が日焼けして普段Tシャツを着る時にカッコ悪かった」とのこと(笑)

会社の雰囲気やお仕事の内容、衛生面や日焼け問題(笑)も踏まえて、あなたに合ったワイシャツを選んでくださいね。

◆半袖シャツについて女性はどう思っているのかはコチラ
半袖ワイシャツはかっこ悪い?仕事先に失礼? Yシャツ選びのヒント

◆夏にベタつくスーツのズボンの洗い方についてはコチラ
スーツのズボンが汗臭い!ベタベタ感や膝裏のシワはクリーニングで取れる?

◆ワイシャツのインナーのNGについてはコチラ
ワイシャツのインナー見える透けるはNG!目立たない色や形を選ぶコツ

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る