アトピー肌に熱いシャワーや強い水圧はダメージになる?【体験談】

hot-shower

mini-sho-lo-naki アトピーが痒くて辛い!気が狂いそう!

コレ、なったことがある人にしかわからない「地獄の苦しみ」ですよね。

「掻いちゃダメ」「悪化するから我慢しろ」 ・・・いや、そんなコトはわかっとるわい!!

で。

「もしかして、掻くよりはいいのでは?」と、熱湯シャワーに辿り着いたアナタ!!生まれつきアトピーの、私ショーロも例に漏れず【過去】に熱湯シャワーに辿り着きました。。。なので、どれだけ熱湯シャワーが気持ち良いかは、よぉ~~~く解ります!

でも!熱いお湯を当てる事による「肌へのダメージ」気になりませんか?

スポンサーリンク

アトピーに熱いシャワー!気持ちいい!でも肌へのダメージは・・・

「痒みをこらえる」って「痛いのを我慢する」よりも簡単じゃないの?と思われがちなのですが、ところがどっこい!「痒いのを我慢する」のも、相当きついんです。

掻けば悪化するのは(乳幼児でなければ)誰よりも本人が解ってるんです!でも、とにかく気が狂いそうなくらい痒い!ツライ!

「掻いちゃダメだよ」 ←愛ある言葉にも、信じられない位イライラします。

掻いている手を押さえられたりなんかしたら、ひっぱたいてやろうかと思い・・・そんな自分が嫌になってました。

で。

アトピー持ちあるある、といっても過言ではない「熱湯シャワー」「ドライヤーの熱風に肌をさらす」コト。熱湯といっても50℃~60℃の間なのですが、シャワーの温度で考えたら充分な「熱湯」です。

コレ・・・肌トラブルが無い方からしたら「ヤダ、ナニそれ?気持ち悪い!」と、思うかもしれませんが・・・熱いお湯を浴びたりすると、その時だけ「辛い痒みから解放される」んです。

そして「掻きむしるよりは、良いんじゃないか?」と思ったりもしてました。爪でガリガリ引っかいて傷を作るよりは、ただお湯を当てるだけですからね。ダメージが少ないような気もするし・・・とりあえず気持ち良いんです(T_T)はぁぁぁぁぁ~♪

その時だけは。

熱いお湯によるダメージは広範囲に及び、お風呂から出た後にやってくる痒みや痛みはシャワー前より強くしつこくなりますし「掻くよりいい」なんてことは、全然ありませんでした!

熱いお湯が、アトピーで元々弱くなっている「肌のバリア機能」を更に奪い、皮を剥がれたんじゃないかという位の痛みに襲われます。

見た目にも真っ赤というか、紫というか・・・とにかく「人の肌じゃない」みたいな色と質感になってました。

■熱いシャワーが肌に与えるダメージは大きい!

■熱いシャワーはその時だけ気持ち良いけど、浴びちゃダメ!

というのが、私の結論です。


ネットで色々と情報を仕入れていると、お湯を浴びて痒みが治まるという話も目にするのですが、基本的には熱いお湯は皮脂を洗い流してしまい、肌のバリア機能を奪うと言われています。

元々の体質によっても違うと思いますが・・・私の場合は熱いシャワーはアトピーを悪化させる要因でした。「THE悪循環」でした。。。

その後、幼少期から使っていたステロイドを体から排除するため脱ステ、体質改善をしたり、生活を整えたりしつつ、現在は皮膚科にはお世話になっていますが、日常生活に支障が出る程のひどいアトピーは滅多に出る事がなくなりました。

気持ち良いのはよーく分かるんですが、熱湯シャワーはアトピーを悪化させると思っています。

スポンサーリンク


アトピーはシャワーの水圧にも注意!

それと、もうひとつ。

お風呂で「あ、こりゃアカン!」と思ったものが、シャワーの水圧です。

一人暮らしをしていた頃に「少しでも節約しよう♪」と、安い節水シャワーヘッドを購入しました。

手元で水を出したり止めたり出来る&少ない水量でも水圧がキープ出来るタイプのもので、確かに節水に効果はあったのですが・・・

出て来る水(お湯)が「針が刺さるような勢い」で、顔はもちろん体ですら痛い。痛くないところまで水量を減らすと、お湯の温度が安定しない(笑)

その頃は、もう「熱湯シャワー地獄」からは脱却していましたが、水圧の刺激が強すぎてアトピー再発。

「コリャあかん!」となって、すぐに買い換えました。。。嗚呼、散財(T_T)

アトピー持ちにオススメのシャワーヘッド 5つ

アトピーに良くないとされる「残留塩素」を取り除いてくれて、かつ「肌当たりのきつくない」シャワーヘッドを5つ紹介しますね。どれも日本アトピー協会推奨品です。

程よい温度で(笑)快適なシャワータイムを♪

■掃除などの際は浄水ではなく原水で使えます♪

■カートリッジの予備が2本付きが嬉しい♪

■カートリッジ寿命は1年と長い♪

■オシャレかつ肌に優しい機能もバッチリ♪

■カラーも選べてギフトにもOK♪

アトピー肌にダメージの無いシャワーの温度や水圧 まとめ

いかがでしたか?

「気持いい」とついやってしまいがちな熱湯シャワーですが・・・

肌へのダメージは大きいし、悪化の悪循環になるだけでした。シャワーの温度は熱すぎず、水圧は強すぎずがオススメです。

体の冷えもアトピーには良くないので、これからの季節は特にシャワーだけではなく湯船に浸かるのもオススメです。

このときも、お湯はぬるめ&あまり長く浸かりすぎないように気をつけて下さいね。個人的には・・・20分浸かりっぱなしだと「皮脂が取れた感」を感じる気がします^^;

お風呂上りにはしっかり保湿をして、アトピーの悪化を防ぎましょう。

mini-sho-lo 最後まで読んでいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る