残暑見舞いの期間は?暑中見舞いとの書き方の違い 9月以降はこうしよう!

しまった~~!書中見舞いもらってたのに返事出してなかった!!

・・・と、気がついた「今」^^;

お盆も過ぎてるし暑中見舞いじゃないのは分かるけど、残暑見舞いでいいのかな?

残暑見舞いを出していい期間や、暑中見舞いと違う書き方のポイント。

また、うっかり9月になってしまった場合の対処方法など

残暑見舞いについてのモヤモヤを解決しましょう♪

スポンサーリンク

残暑見舞いの期間はいつからいつまで?

暑中見舞いの期間についてはこちらの記事でご案内しましたが

残暑見舞いは、立秋(8/7頃)から8月終わり頃までに出す季節の挨拶状になります。

8月7日って、まだガンガンに暑くてちっとも「残暑」って感じじゃないですよね^^;

残暑どころか「夏真っ盛り!一番暑いのでは?」と思うかもしれませんが・・・

暦(こよみ)の上では立秋を境に「秋」という扱い。・・・暑いけど(笑)

なので、暑中見舞いは立秋の前日8月6日まで。8月7日からは残暑見舞いになるんです。

なぜ【頃】なのかというと、立秋は必ず8月7日ではなく年によって

8月6日だったり、8月8日だったりすることがあるからです。

※ちなみに2018年は8月7日、2019年は8月8日が立秋です

そして残暑見舞いの期限【8月の終わり頃まで】これも曖昧ですよね^^;

実は、季節の挨拶を「いつからいつまでに出すか?」という話にはいくつかの説があり

残暑見舞いは9月7日頃(二十四節気のひとつ、白露の前日)まで出してもいい、という説もあります。

ですが、9月は秋のイメージがあるので、残暑見舞いは【8月終わりまでに出す】のが一般的。

暑中見舞いと残暑見舞いは、出す時期以外にも「違うところ」があります。

「暑中見舞いと混同した残暑見舞い」を出して「あらあら^^;」と思われぬよう

その違う部分を知っておきましょう♪

スポンサーリンク


暑中見舞いと残暑見舞い書き方の違いはココ!

暑中見舞い・残暑見舞い共に、文章の構成としては

季節の挨拶で始まり

相手の健康を気にかけ

こちらの近況を伝え

これからの無事を祈り

最後に日付でしめる

という流れになります。

暑中見舞いでは「暑中お見舞い申し上げます」から季節の挨拶に入りますが

残暑見舞いでは「残暑お見舞い申し上げます」から始めます。

まぁこれはご存知かと思うのですが・・・

意外と間違えやすいのが、最後の「日付け」の部分。

暑中見舞いでは

平成三十年 盛夏
平成三十年 七月(7月に出す場合)
平成三十年 八月(8月に出す場合)

このように書きますが・・・

残暑見舞いの場合は

平成三十年 八月
平成三十年 晩夏
平成三十年 初秋(または立秋)

となります。

「細かい話しだなぁ」と思うかもしれませんし、もちろん大切なのは「相手を思う気持ち」

なんですけどね♪ でも、せっかく出す季節のご挨拶状。

「あらあら^^;ご存じないのね~」と思われてしまったらちょっと残念なので

こういったところも気を配ると良いと思います♪

残暑見舞い9月以降はこうしよう!

基本的に頂いたお手紙の返事は3日以内に出すべし!と言われたりしますが・・・

仕事が忙しかったり、お子さんが夏休みでバタバタしていたり

帰省や旅行で家を空けていたり、単純にうっかりしたり(笑)と、様々な理由で

8月中に返事を出せなかった場合にどうするか?をご紹介します。

先ほどお伝えしたように「残暑見舞い9月7日までOK説」もありますが

特別な理由が無い場合は、9月に入ったら残暑見舞いとしては出さずに

「通常のお手紙」として出す方が良いようです。

その際、暑中見舞いや残暑見舞いでは不要だった「頭語・結語」が必要になります。

「拝啓」「敬具」などのことですね。

文章の構成としては

頭語

季節の挨拶から入り

暑中見舞い・残暑見舞いがきちんと届いた旨を
「お変わりないとのことで何よりです」などで表現

返事が遅れた事に対する謝罪
※理由や言い訳は不要です

こちらの近況を伝え

これからの無事を祈り

結語でしめて

最後に日付

このような感じになります。

さて、この手紙を「何に書くか?」です。

残暑見舞いは「かもめ~る」で問題ないと言う話は

暑中見舞いはいつからいつまで?かもめ~る発売日は?残暑見舞いとの違いは?

↑こちらの記事の中でもお話しました。

更に・・・

暑中見舞い用はがきって必須?夏のグリーティング切手はどこで買える?

↑この記事の中でご説明したように、かもめ~るには「クジ」が付いているんです。

年賀状にあるのと同じように、抽選が行われて当選番号が発表となるのですが

その結果が分かるのが9月の頭なんです。

※2018年は9月3日(月)が抽選日

9月に入ってから「かもめ~る」を使っていけないわけでは無いのですが・・・

「クジが当たりかハズレか」が分かった状態で出すことになってしまう場合がありまして^^;

まぁ「アタリ」だったらいいか、っていう話もあるかもしれませんし(笑)

そこまで気にされない方もいるとは思いますが、私としては9月に入ったら

かもめ~るは使わずに出した方がいいかな、と思ってます。

あくまで個人の考えなので、一般的にそういうものとか、マナーとして決まっている

という話では無いんですけど、まぁご参考までにということで「一意見として」

書いてみました。

ちょっと余談ではありますが・・・

手紙の頭語や結語。

子供の頃からの友達などには、なんとなく照れくさくて(笑)

わたくし四十過ぎて大分経ちますが、なかなか書けなかったりします^^;

あ!いや。ちゃんとした大人の手紙(?笑)の時や

職場で知り合って仲良くなった友達には書きますけどね。

小さい時からの友達には「久しぶり~変わりなくやってますか?~んじゃ、またね♪」

なんていう感じで、気軽に書いてしまうショーロです^^;

・・・育ちがバレますね(笑)

残暑見舞いについて まとめ

・残暑見舞いは、立秋(8/7頃)から8月終わり頃までに出す季節の挨拶状

・暑中見舞いと残暑見舞いでは、最後の日付の書き方が異なる

・9月に入ったら残暑見舞いではなく、通常の手紙として出す

・手紙の場合、暑中見舞い・残暑見舞いでは不要だった「頭語・結語」が必要

・かもめ~るのクジの抽選は9月頭に行われる

・当たり外れが分かった状態のかもめ~るはどうかな・・・と個人的な意見です

四季のある日本だからこその、色々な挨拶の言葉や挨拶状の決まり。

ちょっと面倒に感じることもあるかもしれませんが^^;

知っておいて損は無いと思います♪

「ウッカリ出し忘れちゃったから・・・ま、来年でもいいか」と思わずに(笑)

是非、近況報告もかねて残暑見舞いやお手紙を書いてみてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る