デュオレハイDXレビュー 肩こり腰痛で椅子探し 長時間のPC作業が快適に♪

DUOREST-49

mini-sho-lo こんにちは♪ショーロです。

私は長時間PC作業をすることが多いのですが、ひどい肩こり・腰痛・足やおしりの痺れ・首のコリから来る頭痛に悩まされていました。「椅子が原因では?」と思うようになり、疲れない椅子を探して、ニトリで購入した「DUOREST デュオレハイデラックス」の座り心地や使い勝手のレビューです♪

スポンサーリンク

デュオレハイDXのレビュー

mini-sho-lo では、早速ニトリで購入したワークチェア「デュオレスト デュオレハイデラックス」の座り心地から。

背もたれ・座面について

一番の特徴は、やはりこの2つに割れた背もたれ部分。

DUOREST-48

左右独立してゴムで動くようになっていて、姿勢を変えてもしっかりと腰から背中にフィットします。

DUOREST-77

↑こんな感じでグイグイ動きます。

座面も大きく、肘掛け(アームレスト)の支柱が一点で幅の調整も可能なので、椅子の上で胡坐(あぐら)もかけます♪ ※身長172cmの夫(関節固め。笑)でも余裕。

DUOREST-61

座面の横幅は、約50cm

DUOREST-62

奥行きは、約53cm

DUOREST-63

コチラの記事でも書きましたが→ デュオレストの調整方法|高さ・幅・角度(デュオレハイデラックス) 肘掛け(アームレスト)の幅が調整できるので、左右の空間は最大約55cmでゆったり出来ます。

とは言え、ゲーミングチェアのようなソファーっぽいゆったり感とは違い、あくまでデスクワーク用の椅子なので、座面や背もたれにフワフワ感はありません。なので「ちょっと硬い?長時間座っていると疲れるのでは?」と思いましたが、全くそんなことはありませんでした。

さすが「人間工学に基づいた快適な座り心地」と謳っているだけのことはあり、カーブや足の間にくる座面のでっぱりなども、ちょうどいい!長時間座っていても、腰が痛くなったりおしりや足がしびれてくることが無くなりました。

肘掛け(アームレスト)について

また、肘掛けもニトリで試した時には「ちょっと硬いのかな?」と感じ、「まぁ痛かったらタオルでも巻いて使うか」なんて思っていたのですが、実際使ってみたら全く気にならず。

DUOREST-80

幅だけでなく高さの調整も可能なので、その時の作業内容に合わせて丁度いい場所に持ってくることができます。あんなに悩まされていた肩こりと、それに伴う頭痛があっという間に解消されて驚いております(笑)

簡単に高さが変えられるので、机の下に椅子を収納する時も邪魔にならず。私が使っているデスクの天板下スペースは65.5cmしかないのですが、干渉せずに椅子を仕舞えます♪

ヘッドレストについて

私の用途はPCでの文字入力が多いので、基本的に頭を椅子に預けて寄りかかった体勢になることって殆ど無いんです。まぁ、たまに動画を見たり音声を聞いたりすることもありますが。なので、正直「ヘッドレストは不要なのでは?」と思っていたんです。

店頭で色々座り比べた時にも、イマイチしっくりこないヘッドレストはかえって邪魔。逆にハイバックで背もたれから頭までしっかり支えてくれる「ソファーか!」みたいなタイプだと「寝てしまうのでは?」というほど心地はいいんですけどね(笑)でも、先ほども言った様に「そもそも寄りかからない」ので不要だな、いや、あってもいいけど椅子全体の存在感というか、ボリュームがあり過ぎて・・・自宅の狭い作業スペースに置くには圧迫感があるよな~と、ちょっと敬遠していました。

実際、最初に買おうとしていたのは、背中の真ん中くらいまでしか背もたれが無いシンプルなデスクチェアだったんです。

が!このデュオレハイデラックスのヘッドレストは、実にいい塩梅(笑)

DUOREST-65

後頭部じゃなくて、首にうまい具合にフィットしてくれるんです。「寄りかかる」のではなく「頭の重みをスッと支えてくれる」という感じ。

ちなみに身長158cmの私は、一番下に下げた状態でピッタリです。もちろん高さの調整は可能です。

ヘッドレスト自体が空洞というか(↑写真参照)具が詰まっていない(笑)ので、布地が張っている程よいテンションで「寄りかからず・押し返されずに支えてくれる感じ」になるのかなと思います。

見た目もすっきりしているので、我が家の狭小作業スペースにおいても圧迫感が無いことも気に入っています。

角度・ロッキング機能について

基本的には座面が床と平行な状態で使用していますが、文字入力はせずに動画を見るだけの時とか、音声をチェックする際には、少し後に傾けた状態で固定する事も可能です。

DUOREST-84

↑ちょっと判り難いのですが^^;後に傾けて固定した状態です。

座面・肘掛け(アームレスト)・背もたれが連動しているので、自然に頭をヘッドレストに預けられて楽チンです♪

ロッキング機能の硬さも調整可能。私はあまりユラユラしない状態で使っています。

イイトコばかり!不満は無いの?(笑)

正直なところ不満は無いのですが(笑)まぁ強いて言うなら!とはなりますが・・・

先ほど言ったように、奥行き・幅共に座面が広めなんですね。で、背もたれを背中にフィットさせるのが気持ちいいので、しっかり深く腰掛けるのが自然な姿勢になるのですが、そうすると椅子の脚(キャスターの上の部分)に、自分の足を乗せようと思うとちょっとだけ座面が邪魔をします。

載せられない事はないのですが、「家だからいいけど、ちょっと会社ではお行儀悪いかも?」っていう程度に足を開く必要があります。・・・まぁ、これ私の足が短いからって言う話もありますが(笑)

ちなみに、ちょっとコンパクトな女性用↓や


※画像クリックで販売サイトに飛べます

足置きが付いた子供用↓もあります

※画像クリックで販売サイトに飛べます

あとは、う~~ん・・・

まぁ、これも強いて言えばなのですが・・・

お値段がそれなり(笑)ってトコですかね。

そもそも、私の椅子探しの予算が「1万5千円程度」だったので、予算の2倍以上の椅子を購入したことになります(笑)

金額だけで考えると(個人的には)決して安くは無いですが・・・これまでお伝えしてきたように、私が悩まされていた「腰痛・肩こり・首こり・頭痛・おしりや足の痺れ」を感じなくなったので、いい買い物をした♪って感じです。

スポンサーリンク


肩こり腰痛は椅子が原因だった?

mini-sho-lo-warai と言うわけで、購入したデスクチェア「DUOREST デュオレハイ デラックス」に大満足をしているショーロですが、作業環境や椅子を買い換えようと思うまでの話を少ししますね。

使っているパソコンがノートだということもあり、キーボードとディスプレイそれぞれの高さ調整が出来ないんですよね。なので・・・

タイピングに丁度いい高さにデスクを下げる → 下を向いて猫背になってしまい腰と首が痛い

画面を見続けても首が疲れない高さまでデスクを上げる → 腕と肩が痛み連動して頭痛発生

というどうしようもない状態だった上に、長時間座っているとおしりから足がしびれてきてしまい、座布団やクッションを敷いてもどうにもならなかったんです(笑)

かと言って、すぐにPCを買い換えることも出来ず困っていたところ「椅子を変えてみれば?」と夫の一言。

「あぁ。なるほど、確かに。」

で、ネットでも色々見たのですが「やはり現物に座ってみないとわからない」と思い、ニトリに買い物に行きました。先ほど言ったように1万5千円程度でと考えていたので、高級椅子コーナーには足を踏み入れませんでした。

↓ドラマでも話題のホネホネ風のコレとか(笑) ※画像クリックで販売サイトにジャンプ出来ます

↓オットマン機能つきのコレとか(笑)※画像クリックで販売サイトにジャンプ出来ます

だって・・・座っちゃったら「コレがいい!」となりそうで(笑)

長時間のPC作業は椅子が大切!

なので、比較的リーズナブルなワークチェアコーナーをウロウロしていた訳なんですが・・・退屈した夫が禁断の高級椅子コーナーに!!(笑)

mini-sho-lo-naki そ、そこはダメ~~~!(笑)

その中で「わ、コレ楽だよ!座ってみなよ!」と悪魔のささやき(笑)をしてきたのが、DUREST デュオレハイDXでした。

案の定、腰や背中を包み込んでくれる感触が気に入ってしまいました(笑)ホネホネ風よりも高いけど・・・もうコレがいい!!と^^;

ま、結果的にコレを選んでよかったな♪と思っているんですけどね(笑)

繰り返しになりますが・・・
長時間のデスクワークの場合、椅子選びは本当に大事だなと痛感してます!

痛みや痺れがあるときは、毎日ブーブー言いながら「ツボ押し棒」片手に作業してたんですよね(笑)個人の感想ではありますが、デュオレハイDXに座るようになってホント気づいたら「あれ?肩も首も腰も痛くないし、おしりも足もしびれてない!?」と。ツボ押し棒は片付けました(笑)

デュオレハイDXレビュー腰痛肩こりで椅子探し まとめ

mini-sho-lo 私の救世主と言っても過言ではないデュオレハイDX(笑)ニトリでは、配送組み立て品という扱いのため、購入した日に店頭から自宅に持ち帰ることは出来ません。

配送料を支払って、配送日と前日にならないとわからない配送時間の連絡を待つシステムなのですが・・・どうも都合が合わなさそうだったので、今回「ニトリの店舗に配送」をお願いしお店に取りに行くことにしました。配送料もかからないし自分の都合で取りにいけるので、運搬と組み立てが出来る物は、個人的にこの方法がオススメです。

組み立て方法や、荷姿(サイズ)が車に乗るかどうか?は事前に確認しておきました。

デュオレストの組み立て手順(デュオレハイDX)外装サイズや重量の感想

説明書だけではちょっと解り難かった各部の調整方法などもまとめました。

デュオレストの調整方法|高さ・幅・角度(デュオレハイデラックス)

購入を検討していて「ここの具合はどうなってるの?」「ここの使い勝手はどんな感じ?」など質問がありましたら、コメントや問い合わせから是非どうぞ♪

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

トップへ戻る