浅草ほおずき市2018情報|アクセス方法・値段・粋な買い方はコレ

東京浅草の浅草寺(せんそうじ)で7月9日、10日に行われる「ほおずき市」

毎年50万人以上の人が訪れる江戸情緒あふれる夏の風物詩です。

境内は約100軒のほおずき露天で賑わい、沢山の縁日屋台も楽しめます。

【四万六千日(しまんろくせんにち)・ほおずき市】で下町気分を味わいましょう♪

スポンサーリンク

浅草ほおずき市2018情報

2018年のほおずき市は
7月9日(月)・10日(火)と週の頭の開催になります。

「仕事だ~(><)!!」という方も大丈夫!
ほおずき市の開催時間は、朝8時から夜10時頃まで。

毎年、初日の7月9日は、悪天候でなければ23時や24時までやっているお店もあるので
仕事終わりでも充分間に合います。

ただ、二日目となる7月10日の夜は売り切った店からドンドン店じまいしてしまうので注意!また、ほおずき市と一緒に浅草寺に参拝をする場合浅草寺本道は朝6時から夜8時までとなっているので時間に注意。

浅草ほおずき市は何時まで?お参りやお守りは仕事が終わってからでも大丈夫?

ほおずき市は、雨天開催/荒天中止/にわか雨の土砂降りは一時休止
傘をさして普通に歩ける程度なら開催となります。

浅草寺へのアクセス方法

ほおずき市は「浅草寺(せんそうじ)」で開催されます。

【電車】
東部スカイツリーライン:浅草駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩5分

【バス】
都営バス停留所:雷門前

【車】
浅草寺には駐車場はありません。
お車の場合は、台東区雷門地下駐車場や
その他周辺のコインパーキングなどの利用となります。

※ほおずき市開催日は周辺道路が混雑します。
駐車場が満車でお車を停められない可能性もあるので
スムーズな移動には公共交通機関の利用をオススメします。

スポンサーリンク


浅草ほおずき市値段・粋な買い方

ほおずき市のイメージと言えば
【赤く色づいたほおずきの鉢が江戸風鈴の付いたかごに入っている】
というのが一般的ですが、実はこれ以外にも
色々な形のほおずきがあるんです。

枝に赤く色づいたほおずきが付いた「枝ほおずき」

可愛いほおずきの実がバラで袋に入っている「ほおずきの袋詰め」

竹ひごに赤い実が1つついた「ひごほおずき」(造花もあります)など。

金額の目安は・・・

「風鈴付き鉢植え」→2500円

「枝ほおずき」→1000円

「ほおずきの袋詰め」→500円

「ひごほおずき」→50円くらい

となっています。

ほおずき市では、実は値段の交渉が出来るんですが
江戸っ子風の、ちょっと粋な買い方をご紹介。

2500円の鉢をを2000円にしてもらったら
500円は「ご祝儀」と渡すのが江戸っ子風(笑)なんです。

初めてのほおずき市でコレを言うのは
ちょっとドキドキしちゃいますが
下町情緒いっぱいの粋な売り子さん達の勢いに乗って
「ご祝儀で♪」の一言にチャレンジしてみるのもいいですね。

ほおずきを買った後は、沢山の屋台めぐりを楽しみたいところです。
鉢を持ったままだと、人ごみの中を歩きづらいですよね。

そんな時は、会場のあちらこちらにいる
宅配便のスタッフさんに声をかけて自宅まで送ってしまうのがオススメ。

前日まで入谷で開催している「朝顔市」と同じように
ほおずき市専用の箱に入れて宅配してくれます。

入谷朝顔市の時間帯別楽しみ方 屋台が出揃うのは何時?お守りはどこで?

ほおずきを預けて身軽になったら屋台めぐりを楽しみましょう。
暑い夏の夜、屋台での買い食いはお祭りの醍醐味!
あれもこれもと食べて飲んでも、浅草寺にはトイレが複数個所あります。
仮設トイレが出ることもあるので安心ですね。

昼間のほおずき市の雰囲気もいいですが
日が落ちてから裸電球に照らされたほおずきも
これまたいいものです。

先ほどお伝えしたとおり二日目の夜は、どのほおずき露店も
売り切ったところからお店を閉めてしまいます。
が、残りわずかになってくると、大幅に値引きをしてくれることも。

実のつきのいいキレイな物から売れてしまうので
形のいい物は無いかもしれませんが、半額で買える事もあるので
ちょっと覗いてみるのもいいかもしれないですね♪

浅草ほおずき市2018 まとめ

◆2018年7月9日(月)・10日(火)に開催

◆朝8時から夜10時頃まで

◆9日の夜は天気がよければ24時ごろまで空いているお店も

◆雨天開催/荒天中止/にわか雨の土砂降りは一時休止

◆金額の目安

「風鈴付き鉢植え」→2500円

「枝ほおずき」→1000円

「ほおずきの袋詰め」→500円

「ひごほおずき」→50円くらい

朝から夜まで楽しめるほおずき市、是非足を運んでみてくださいね♪

関連記事

浅草ほおずき市は何時まで?お参りやお守りは仕事が終わってからでも大丈夫?

浅草ほおずき市の由来 四万六千日とは?

ほおずきの育て方とお盆飾りの意味|自由研究にもほおずきが使える♪

入谷朝顔市の時間帯別楽しみ方 屋台が出揃うのは何時?お守りはどこで?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る