衣替えにクリーニングは必要?コートの風合い変化予防と袋について

今年も衣替えシーズンがやってきましたが

冬物のコートをクリーニングに出すかどうか・・・毎年の悩みの種では無いでしょうか?

数えるほどしか着ていないし、見たところ目立つ汚れも無いし、

クリーニング代もバカにならないし・・・

「そのまま仕舞っちゃおうかな?」

と考えている方も多いのでは?

大切なコートの取り扱いについてご案内します。

スポンサーリンク

衣替え前にクリーニングは必要?

普段使いのコートは、着用回数も多かったから洗うとしても

おしゃれ着のコートは、シーズン通して数えるほどしか着なかったりしますよね。

自分では洗えないし、かと言ってクリーニングに出すと

普段使いのコートよりも、かなり高いクリーニング代がかかります。

見たところ汚れも無いから、そのまま仕舞おうと考えている。

けど・・・「大丈夫かな?」と悩んで、ココをご覧頂いているんですよね(笑)

見たところ目立つ汚れが無くても、一番外側に着るコートは

ホコリ排気汚れカビ菌などが付着していることが多いです。

また、首元袖口などは汗や皮脂が付いていることもあり

そのまま仕舞って翌シーズンに出してみたら

虫食いの穴が開いていた!シミが出来ていた!

なんていう、悲しい事態も考えられるのです。

着用回数は少なくても、衣替え前にはクリーニングに出して

こういった汚れを落とから仕舞った方が安心ですね。

コートのクリーニングで風合いが変わらないか心配!

きれいにしようとクリーニングに出したのに・・・

コートの風合いが変わってしまった!

型崩れしたり、ゴワゴワになって戻ってきた!

そんな話を耳にしたこともあるかもしれません。

おしゃれ着のコートで値段も高かった。

クリーニング代も高かったのに・・・

そんな状態で戻ってきたら、がっかりですよね。

カシミヤ・アンゴラなどの高級素材のコートは特に

クリーニング店選びも慎重に行いましょう。

一般的に、チェーン店は価格が安く、個人店は価格が高い傾向にあります。

どちらのお店も、基本的に高級素材用の設定はありますよね。

一概には言えませんが・・・

沢山のお店から大量の衣類を集めて、工場で仕上げるチェーン店の洗い方と

受付時の話も耳にしたうえで、職人さんがひとつひとつ仕上げる個人店の洗い方では

そもそも形態が違います。

金額に差があるひとつの理由でもあります。

・・・勘違いしないで下さいね。

決して「チェーン店の仕上げは悪い 個人店の仕上げは良い」

という話ではありません。

チェーン店でも個人店でも、それぞれ形態や特色があります。

預かった衣類それぞれの取り扱い方法は、基本的にはお店で確認してくれます。

「衣類を扱うプロなんだから、言わなくても大丈夫だろう」

と考える方もいらっしゃるとは思いますが

上にあるように、お店によって洗い方や仕上げ方に差があるのは事実です。

高級素材のコート等をクリーニングに出す際には特に

受付の段階で気をつけてほしい内容を店員さんに伝えたり

心配なことはしっかりと確認しておきましょう。

面と向かって伝えるのが苦手、という方は電話で聞いてみるのもアリですね。

また、メーカー側で取り扱い方法を教えてくれる場合もあるので

直接問い合わせをして確認する、という方法もあります。

スポンサーリンク


衣替え前にクリーニング店の袋は外す?外さない?

クリーニングから戻ってきた衣類には、ビニール袋がかかっていますよね。

長い時間仕舞っておくし、ホコリ予防の為に付けたままにしている

なんて方もいらっしゃるかもしれませんが

ビニール袋はすぐに外してください。

衣替えで長期間仕舞う時はもちろんですが

それ以外のワイシャツやスーツなどの場合も

ビニールの袋は必ず、すぐに外してくださいね。

クリーニングから戻ってきた衣類は

使用した溶剤などが完全に乾いていないこともあり

そのままにしておくと湿気が溜まり、カビ発生の原因となるので注意しましょう。

お店によっては、高級素材のコートなどに

そのまま仕舞える不織布などで出来た袋を付けてくれるところもあります。

ハンガーに引っ掛けるタイプの防虫剤が付いているお店もあるので

そういう時は、引き取ったままの形で仕舞っても大丈夫です。

「普通のビニール袋じゃないな」と思ったら、店員さんに

そのまま仕舞えるかどうか確認してみましょう。

基本的には「クリーニング店のビニールはすぐ外す」と覚えておいて下さいね。

まとめ

高級素材のクリーニング代金は普段使いの衣類に比べて高額ですし

生地の風合い変化を心配される方も多いと思います。

長期間仕舞っておく衣替えの前には特に

どうしようか悩まれるかもしれませんが

素材に合った方法できれいにしておくことで

翌シーズンも気持ちよく着る事が出来ます。

気になることや心配なことは、事前にしっかり確認をして

思い切って買った(かもしれない。笑)大切なコート。

上手に手入れをして衣替えをして、来シーズンも楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る