結婚式はしないで写真だけ|フォトウェディング予約~当日の感想

春から初夏、秋から初冬にかけては結婚式のシーズンですね♪

結婚することは決まったけれど、様々な事情で「挙式・披露宴はしない(出来ない)」

というカップルも少なくないと思います。

それでも・・・

「せめて晴れ姿の写真だけでも思い出に残しておきたい」

「親に晴れ姿を見せてあげたい」

「いつか子供に聞かれた時に見せる写真があったらいいな」

と、そんな風に思うこともあるのでは?

そんなあなた方の希望がかなえられる「フォトウェディング」の話をご紹介しますね。

結婚式に関する話はコチラにも↓

結婚式や披露宴するしないで喧嘩に!原因の根本は?色々な形の提案♪

スポンサーリンク

結婚式をしない写真だけのウェディング

実は、私自身も「挙式・披露宴は行わずフォトウェディングのみ」の結婚なんです。

理由は・・・まぁ色々と。。。^^;(笑)

「挙式・披露宴はしないけど、写真は撮りましょう」という話になり、色々調べたのですが

フォトウェディングの需要は昔よりも高まっているとのことで

実に多種多様なプランがあって驚きました!

フォトウェディングの撮影スタイル

◆まるで挙式かのような雰囲気で親や友達も呼んで撮影が出来たり

◆国内外問わず、2人の思い出の場所での撮影が出来たり

◆お子さんやペットと一緒に撮影をしたり

◆ドレスや白無垢では無いオリジナルの衣装でウェディングフォトを撮ってもらえたり

かなり自由に、自分達のスタイルに合った記念写真の形を選べるんです♪

フォトウェディングの料金

色々とお店も探しましたが料金の幅もすごく広く、1万円以内のプランもありました。

「経済的に挙式披露宴はちょっと・・・」というお2人でも、1万円以内で取れるなら

記念写真ぐらいは撮っておこうかな?と思えますよね♪

反対に「衣装も何着も変えて、撮影場所も選んでゴージャスに撮影をしよう」

というお2人向けの30万円40万円というプランもありました♪

フォトウェディング基本のプラン

お店によって内容は違いますが、大体「基本のプラン」というのが

何種類か用意されています。内容としては・・・

衣装によるプラン分け

◆洋装のみのプラン

◆洋装・和装両方のプラン

◆洋装2種類のプラン

上記に加えて・・・

撮影場所によるプラン分け

◆スタジオ(屋内)撮影

◆ロケーション(屋外)撮影

おおまかに言うと、こんな感じでコースが決まっているところが多かったです。

フォトウェディング プランの基本内容

プランの料金に何がドコまで含まれているか?も

お店によって多少違いはありますが、基本的には・・・

◆衣装貸し出し(ドレス&タキシード、和装着物)

◆アクセサリー・小物類(ベール・ティアラ・靴など)

◆新婦のヘアメイク

◆着替え・着付け

◆カメラマンによる撮影(プランによって撮影枚数は様々)

◆台紙やアルバムとして製本(形態・枚数はプランにより)

こんな感じになってます。

スポンサーリンク


フォトウェディング予約から当日までの流れ

お店やプランによって違いはありますが、大まかな流れを紹介していきます

予約~事前打ち合わせ~衣装合わせ

1:電話やネットで事前打ち合わせの予約

2:事前打ち合わせ(初回来店)

3:衣装合わせ(2回目来店)

※予約段階で打ち合わせ日が決定する場合や、衣装合わせが無いお店やプランもあります

事前打ち合わせと衣装合わせの違いは?

◆事前打ち合わせとは?

事前打ち合わせとは、プランを決めて内容や料金を確認し

ドレスの希望を伝え、衣装合わせの日程を決める事を言います。

この日に、採寸までしたり前金として一部入金をする場合もあるようです。

「一度の来店で衣装合わせも出来たらいいのに」と思うかもしれませんが

希望の衣装が貸し出し中の場合もあるので、一度前もって来店し

衣装合わせの日取りを決めることが多いです。

撮影日前に2度の来店が必要になることが多いですが

どうしても時間が取れない場合などは、電話で事情を話せば

可能な範囲で希望内容を検討してくれると思いますので

相談してみることをオススメします。

着たい衣装や、小物のイメージ、ヘアメイクなどについて

ハッキリした希望がある場合は、この段階でしっかりと

相談しておくことをオススメします。

試着は出来なくても、どんな衣装があるか

ザッと見学させてもらえる場合もあります。

また、料金についてもプラン内で何が出来てオプション料金がどうなっているかなど

出来るだけ細かく聞いておくといいですね。

「最初に聞いていた料金と支払った金額が違った!」というトラブルは意外と多いようです。

確認できることはしっかり質問しておきましょう。

◆衣装合わせとは?

説明の必要も無いかもしれないですが(笑)

衣装を試着して決定する日になります。

この日に前金として料金の一部を納める場合もあると思います。

お店によっては、この日に小物やアクセサリーまで準備してくれる場合もあります。

相手はプロですから、衣装に合わないようなアクセサリーや小物を

組み合わせることは基本的にはないですが、衣装が決まったことで

アクセサリーや小物の希望のイメージが固まったり

好みの物がハッキリしている場合は、とにかく早い段階で相談しておきましょう。

「衣装合わせのときにあったアレでいいや」なんて何も言わずにお任せしてしまうと

撮影当日に、他のスタジオや挙式で利用予定があり「あの日のアレがない!」なんて

ガッカリすることにもなりかねません。

担当のスタッフさんとはしっかりコミュニケーションをとり

衣装・小物&アクセサリー・ヘアメイクの希望や要望は

必ずちゃんと伝えておくのがトラブル防止にもなります。

フォトウェディング 自分で用意するものは?

基本的に必要な身に着けるものは、プランの中に用意されていますが

確認が必要なのが「肌着」や「タオル(和装の場合)」

「男性のシャツ(ウイングシャツ)」などです。

これも、お店やプランによって違いはありますが

私が撮影したスタジオで言われた「自分で用意するもの」を紹介しておきますね

◆和装プランの場合

新婦が用意するもの

・肌襦袢

・裾除け

・白足袋

・タオル3本

新郎が用意するもの

・肌襦袢又はU首半袖シャツ

・白足袋

・バスタオル1本

・フェイスタオル3本

・ズボン下

◆洋装プランの場合

新婦が用意するもの

・ストッキング(白か肌色)

・ストラップが取り外せる下着

・ガードルもしくはフレアーパンツ

新郎が用意するもの

・靴下(白か黒)

・肌着

私が撮影をしたスタジオでは、夫のシャツ(ウイングシャツ)も貸し出してくれましたが

「ドコで撮影しようかな?」と調べている時、シャツは持参の必要アリという

お店もいくつかありました。

また女性の肌着も、ドレス用のものでないとデザイン的に合わなかったり

体型補正が甘くなってしまうこともあるので^^;

「どういうものを用意したほうがいいか?」ということも

衣装合わせのときにしっかり確認しておきましょう。

さっきから「確認!確認!」としつこいようですが(笑)

せっかくの晴れ姿を撮影する日に「話が違った!」となってしまうと

自分達もお店の方も気分がよくないですよね。

あまりしつこく質問ばかりするのも、どうかとは思いますが

分からないことや不安なこと、ハッキリした希望があることについては

なるべく早い段階で確認しておくのが一番です!!

前日~撮影当日

ドレスも決まり、あとは撮影当日にベストな体調で臨める様

色んなところを整えてください(笑)

いわずもがな、ではありますが・・・

「睡眠不足は肌荒れの元」です!気をつけてくださいね!

お店によっては、ブライダルエステの紹介をしてくれるところもあるようです。

あとネイルですね。

私は特別なことは何もせず(笑)ネイルも自分で普通にマニキュアを塗りました。

あ、美容院には行きましたよ♪

ウッカリしやすい「アレとコレ」に注意です!

あと、気をつけていただきたいのが「脱毛」^^;

よっぽど寄りの写真でなければ「腕や足の毛・顔の産毛」なんかは分かりませんが

処理を忘れてしまうと「自分のテンションがダダ下がり」です(笑)

ワクワク浮かれて、ウッカリしないようご注意ください!

それから「朝早い時間の撮影」や「肌の露出が多いドレスでの撮影」の時に

気をつけておきたいのが・・・

「顔に付いた枕の跡」や「当日見につけた肌着の跡」^^;

お若い方からしたら「何言ってんだ?」って感じかもしれませんが(笑)

私の場合「身体についた跡」が、取れづらくなったな自覚が芽生えてからの

フォトウェディングでしたので、前日から気をつけました(笑)

かさぶたも直りが遅いんですよね。。。(泣)

衣装着用~撮影にかかる時間

これも着る衣装の種類や点数によって違うので

一概に「何時間位かかる」とは申し上げにくいのですが

私の場合の所要時間をお伝えしますね。

ちなみにこの時のプランは、シンプル質素に(笑)

・洋装一点のみ

・撮影枚数は5,60枚程度

というものでした。

◆新婦のヘアメイクと着替え(約2時間)

◆新郎は新婦の支度が終わる前頃の到着でもOK

◆新婦が出来上がってから新郎着替え開始(10分かからず終了。笑)

◆撮影開始(約1時間)

◆私服に着替え(約20分 メイクさんが髪を少し直してくれました)

◆撮影データを見て、写真1枚を選択(約30分)

◆清算(約5分 決めた写真の郵送タイミングなどについて説明あり)

※ちなみに3週間ほどで郵送されてきます

【当日スタジオに到着してからの所要時間 トータル約5時間】

男性は待機時間が長いので、暇つぶしの道具をご用意ください(笑)

女性は、男性が着替えている間も鏡で自分の晴れ姿を見たりして忙しいし(笑)

お店到着後の約5時間「ずーーーっと何かやってる」ます。

なので、あっという間に過ぎていく5時間なのですが・・・

夫は「すげーー長かった!」とブツブツ言ってました(笑)

お店には一緒に到着したのですが、とにかく「女性の身支度中」のもてあましぶりが

半端じゃなかったようです(笑)

外出していたようなんですが・・・カフェで一服、とかいうタイプではないので

ひたすら近場をウロウロしていたようです^^;(しかもお店があまり無い場所だった。笑)

男性の皆様は、雑誌とか小節とかの暇つぶしの道具を持参してください。

スマホのバッテリーは必須だと思われます(笑)

フォトウェディングの感想

最後まで読んで頂きありがとうございます。

長くなったので感想をサクッとまとめますね♪

★思っていたより丁寧にやってくれて満足

これは、もうお店によるところもあると思うのですが・・・

私の場合は、非常にシンプルなプランだったのに

事前打ち合わせから撮影当日までとても丁寧に対応して頂いて満足でした♪

送られてきた写真の仕上がりもよかったです(被写体の問題はさておき。笑)

★家族が喜んでくれて自分も嬉しい

私たちが挙式・披露宴をしなかったのは自分達の都合だったので

親にはちょっと申し訳ない思いもあって。

本当は撮影当日、近くにいる義親にも来てほしかったんですけどね

(呼んだら間違いなく大喜びで来てくれた)残念ながら夫が「どえらい写真嫌い」でして^^;

「絶対呼んじゃダメ!言うと来たがるから言っちゃダメ!」とのお達しが出ていたので(笑)

撮影が終わってから写真を持って報告に行って来ました。

「2人の晴れ姿は見られないと思っていたから嬉しい!」と、とても喜んでくれたので

私も夫も「撮って良かったね♪」と、よい思い出のひとつになっています。

(夫には、でももう二度とイヤ!とも言われてますが。笑)

★ドレスはあまり分からないけど和装は着物の値段が写真に写るかも

先ほどお伝えしたように、私はドレス一点のみの撮影でしたが

スタジオには他の方のお写真が飾られていまして、ちょっと拝見しました。

ドレスは「生地による写真写りの差」をあまり感じませんでしたが・・・

和装の場合は「反物のランク」が写真に出るな、と。

全く着物に詳しいわけでは無い私ですが、それでもそのように感じました。

和装をお考えの方は、オプションになるかもしれませんが「ちょっといい着物」を

お召しになったほうが良いかもしれません。(あ、白無垢は大きな差は分からなかったです)

★写真を見ると追加したくなる(笑)

最初に選ぶプランで、最終的に何枚の写真を焼いてもらうかを決まるのですが

撮影後にデータで「規定枚数の写真を選ぶ」作業をしていると

「コレもいい表情」「あぁコレもいい!」と、追加で欲しくなってしまいます。

まぁ我が家の場合は「夫が普段写真を撮らせてくれない」ので

何十枚も夫の写真がある状態に興奮してしまったと言うのは否めませんが(笑)

プランを決めるときに「オプションで追加するといくらかかるか?」を

見ておくといいかもしれないですね。

フォトウェディング まとめ

挙式・披露宴はしないけど写真位残したいな・・・と考えているあなた。

可能であれば是非、晴れ姿をフォトウェディングで撮影しておくことをオススメします。

1枚でもいいんです。

時間が経つと、しょっちゅう写真を見るわけではなくなりますが(笑)

それでも「夫婦の誓いの儀式」をしなかった我々にとっては

ウェディングドレスとタキシードでの撮影の時は、誓いの儀式に代わる思い出です。

あと・・・

新婚の時はシブシブ撮影に応じてくれた夫ですが、ホントに超!写真嫌いなんですよ(笑)

「あの時だから撮ったけど、もう絶対イヤ!」と言ってます^^;

もし「うちの彼も写真苦手なんだよね」って方が、コレを読んで下さっていたら

「奥さん!ごねて何とかなるのは新婚のうちだけですよ!」

と・・・文字を大にして赤くして黄色で囲って、強くお伝えしておきます(笑)

素敵な晴れ姿のお写真が撮れる様

また幸せな結婚生活を送れるよう心から願っています♪

こちらもどうぞ↓

結婚式や披露宴するしないで喧嘩に!原因の根本は?色々な形の提案♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る